法人会員募集のお知らせ

ご案内主旨

バランスト・グロースでは21世紀の地球における「真の豊かさ」を追求する心ある主体的な個人(ジェダイ):即ち変革リーダー(戦士)とイノベーター(芸術家)が新しい世界を出現させることを支援したいと思っています。
我々の定義するジェダイは、自分の有能さを証明することには興味はなくて、自分自身を表現することに果てしない興味を覚える。そのためには矛盾多きこのビジネス世界にあっ て、自分の内面にも世界にも好奇心を持って対峙し、自分だけでなく他者の最高最善をも引き出すことで真の豊かさを味わう人間達です。ジェダイは経営者の場合 もあるし、20代の担当者の場合もあります。またチームの場合もあります。

バランスト・グロースができてから10年間、様々な組織の変革をお手伝いさせて頂きましたが、変革の成否を分けるいくつかのポイントがありました。

1)クライアント内ジェダイの存在
最大の要因はクライアント企業内にジェダイが存在するか否かです。もし数百人の企業であれば経営陣の誰か1人とその周辺に数人の同志を育てることができるとかなり変革への推進力になりますし、人事部や人材開発子会社であれば、社内組織開発コンサルタントを数人育成できれば、クライアント組織(事業部や関連会社)に対して有効な組織変革支援が出来ます。

2)チームビルディング(関係性向上とコミュニケーションの改善)で終わらない
狭義の組織開発はリーダーシップ開発と組織文化のみを想起し、実際組織開発コンサルティング会社の提供サービスもチームビルディング/コーチング/リーダーのコミュニケーションスタイルにフォーカスしがちですが、我々は組織開発は事業開発と切り離せないものでありその統合こそが重要と考えます。チームビルディングから入って戦略立案を行なったり、理想のビジョンを描くアプローチもあれば、現状のネガティブな葛藤/ジレンマに向き合う中で真の知恵が現れたり、個人やチームが変容する姿を見てきました。個人軸と組織軸の目に見える部分(結果や戦略等)と目に見えない部分(個人のメンタルモデルや組織文化)をトータルに扱う、右脳も左脳も、ポジティブもネガティブも、外部視点も内部視点も全てをトータルで扱うにはカウンターパートである社内チェンジエージェントとのコラボレーションが不可欠でした。

そうした過去の経験から、内部から変革に関わる社内組織開発コンサルタントを目指す皆様向けに法人コミュニティ会員制度をつくりました。

法人会員の皆様には4つの機能(メリット)をご提供いたします

1. 研究所機能と道場機能
組織開発(Organization Development)×事業開発(Business Development)の領域には、MBAに代表される分析的思考法の進化に加えて、心理学、生物学、物理学、神秘学など様々な領域がクロスオーバーしながら新たなソリューションの領域が日進月歩で切り開かれています。私たちは様々な領域の専門家や現場の人達と共創し開発した組織変革に役立つ知見をセミナーや勉強会の形で共有していきます。
また、社内ファシリテーターとしてのスキルとマインドを磨き、どんな場面、状況においても、真に出現が望まれる状況を作り出すようなファシリテーション能力や、メタスキル(在り方)の鍛錬の場としての道場機能も合わせてご提供していきます。
 上記の機能について、法人コミュニティ会員の皆様には特別優待条件(バランストグロースのコンサルタントが行なうものは無料。外部講師の場合は優先価格。非公開セミナーへのご参加等)でご提供していきますので、皆様共有の研究所及び道場としてご利用下さい。(1法人契約につき、原則として同じ法人に属する社員であれば最大3名まで参加可能です。極めて少数募集のセミナー等の場合は1名でお願いすることもあります)

2. アドバイザリー機能
 組織変革を推進していく、又は支援していくのは非常に難しい分析や判断が求められます。月に1時間バランスト・グロースのコンサルタントがお伺いし、外部視点も入れながら組織状況の分析や変革プランの策定について共に考えるプロセスコンサルテーション・サービスが受けらます。最大3ヶ月までためることができ、プライベートセミナーや長めの作戦会議としてご活用も可能です。

3. ネットワーク機能
 年に1度程度のパーティを初め、予想外の何かが生まれる出会いの仕掛けを続けて行きます。

4. 研修及びコンサルテーション割引価格の適用
バランストグロースがご提供する研修やコンサルテーションを特別割引価格でご利用できます。
※法人コミュニティ会員 料金については、お問い合わせください。

社内組織開発コンサルタントとしての皆様の価値向上の為のインフラとしてお役立て頂けましたら幸いです。


2015年11月 バランスト・グロース 代表パートナー 松田 栄一